Contact

Copyright © 2019 by Boston Japanese Tutors. 

 

Our Story

 

 

はじめまして。Ayaと申します。

 

私は神奈川県で生まれ育ち、小学5年生の頃に母と一緒にミシガン州のデトロイト郊外に引っ越して来ました。当時小学5年生に進級したばかりの私は、日本で英語を習っていたわけでもなく、アルファベットもわからない英語力ゼロからの状態で現地校に通いはじめました。当然、アメリカの文化にも馴染みがありませんでした。それからしばらく日本語と英語の二つの言語の狭間で大変苦労したので、同じように大変な思いをしているお子様達の気持ちがよくわかります。

 

母子家庭だったため、渡米してからも私の母親はフルタイムで働いていました。私と同様、母親も英語がわからなかったため、現地校の手続きや保護者面談、風邪をひいて学校を休む時の連絡、ホームパーティでの振る舞いなど、事あるごとに大変そうでした。

 

Boston Japanese Tutors は、アメリカに来たばかりの頃の私や母と似たような境遇にいる方々をサポートするために立ち上げました。アメリカに来たばかりの頃は本当に大変でしたが、今となってはバイリンガルになる機会を与えてくれた母に感謝しています。Boston Japanese Tutorsの設立には、新しい土地に来て苦戦している方々がいち早く現地の状況に慣れて、アメリカ滞在中に英語やアメリカの文化のいいところを最大限に活用できるようになればいいなという思いが込められています。現地校の授業や宿題で大変な思いをしているお子様、または日本語学校の授業や宿題で大変な思いをしているお子様に、お好みの言語でサポートさせていただきます。同時に、新しい地に来て生活の不安を抱えている大人の皆様には、アメリカ文化の解説と実例、実用的な英会フレーズなどを紹介しながら快適なアメリカ生活へのサポートをさせていただきます。

 

ハーバード大学やマサチューセッツ工科大学があるボストンには、数多くの優秀な人材が揃っています。その中でも、Boston Japanese Tutorsには、選りすぐりの教師陣が揃っています。Boston Japanese Tutorsの先生たちは、一つ以上の文化に馴染みがあり、広い視野を持っています。そして私たちは、外国で生きるための苦労やノウハウを知っています。マルチリンガルとして誇りを持ち、皆様の海外生活のお役に立てるよう、精一杯お手伝いさせていただきます。

Meet the founder: Aya

0歳―9歳      

神奈川県で過ごす。

 

10歳ー14歳   

母親の仕事の都合でアメリカ・ミシガン州のデトロイトに渡米。アルファベットもわからないゼロからの状態からアメリカ生活を開始。平日は現地校、土曜日は日本語補習校に通う。

 

14歳ー18歳    

ミシガン州のカラマズーに移住。高校に入り、エッセイやアメリカ史に苦戦するも、なんとか準首席で卒業。高校在学中、7つのAdvanced Placement クラスを受講。

 

18歳―22歳   

Merit-Based Full Ride Scholarship(学力ベースのスカーラーシップ)2500万円を獲得して、リベラルアーツの大学で生物学と心理学を勉強する。教えることや人と関わることが好きで、在学中の四年間で計7つのクラスのTeaching Assistantを務める。生物学科、心理学科、共に首席で卒業(Double Major)。

22歳ー

MGHやハーバードメディカルスクールで研究助手として従事。

現在                 

ボストン在住。好きなものは、猫と食べ歩き。